得意

交通事故

当事務所では、交通事故の被害に遭われた方のお力に少しでもなりたいと考え、被害者の方からのご相談は無料で承っております。   損害保険会社の担当者が示談を求めてきた場合には、それが妥当な金額であるのか、一度、弁護士にご相談されることをおすすめします。弁護士が交渉に入ったり、裁判をしたりすることによって金額が大きく上がることは非常に多いです。

なお、お客様の自動車保険に「弁護士費用が保険金で支払われる特約」が付いている場合には、原則として、お客様が弁護士費用を負担する必要はございませんので、安心してご相談下さい。

安保雅博法律事務所の特色

  • 1.事故の被害に遭われた方からのご相談は、何度でも無料です。(入院中の場合は、ご家族による相談も可能です。道内全域対応で遠方の場合は電話やメールによる相談も可能です。)
  • 2.大手損害保険会社の顧問先法律事務所に在籍し、被害者・加害者の双方の代理人として事件処理をしてきた経験を活かし、現実的で妥当なラインで早期に解決できるように交渉することを心掛けます。
  • 3.治療段階から小まめに連携を図り、適切な後遺障害の等級認定がなされるようにバックアップします。

交通事故事件のポイント

弁護士相談の時期は、事故後すぐに!

弁護士への相談は、事故後、早いに越したことはありません。弁護士を交渉の窓口にすることで、保険会社や加害者との交渉のストレスから解放して治療に専念していただくとともに、被害者が不利な立場に置かれないようにチェックすることができます(治療費の打ち切りへの対応など)。 そのほか、加害者に対する刑事事件の被害者参加なども検討することができますし、主治医の先生に対し、適切な後遺障害の等級認定を受けるための診断書を書いてもらうためのフォローも行うことができます。 治療が終了して後遺障害診断書を保険会社に提出した後になると、できることは限られてしまいますので(それでも遅くありませんが)、お早めにご相談いただきたいと思います。


示談書(免責証書)にはサインしない!

お怪我の治療が終わり、保険会社の担当者が示談を求めてきた場合(免責証書を送付してきた場合)、すぐにご相談ください。
保険会社の提案をそのまま受け入れている方が多いと思いますが、弁護士が交渉することで当初の提案額よりも高い賠償金を勝ち取れることが多いです。ただし、単に弁護士が入ったということだけで自動的に賠償額が上がるわけではありません。どのようにして適切な増額を勝ち取れるかが弁護士としての腕の見せ所であり、これには経験と研鑽が必要です。

取扱内容

人身事故

  • 自動車同士の事故以外にも、歩行中、自転車、バイク事故などにも対応。
  • 死亡事故、重度の後遺障害事故は、賠償金の交渉のみならず、加害者(被疑者・被告人)の刑事事件への参加も全面的にサポートします。
  • 後遺障害の認定結果を受けて不服がある場合の異議申立て手続、紛争処理機構への申請にも対応します。
  • ひき逃げ、加害者が自賠責に未加入の場合には、政府保障事業へ請求します。
  • 損害を漏れなく計上し、適切に算定した上で交渉します。

    物損事故

  • 評価損[格落ち]、代車費用・レンタカー代、休車損などの取扱経験が豊富です。
  • 過失割合の争いなどをよく取り扱います。

費用

被害者の方

弁護士費用特約がある場合

 → 相談料、着手金、報酬金、実費などあらゆる費用が一切かかりません。

弁護士費用特約がない場合

 → 相手に任意保険がついている場合には、着手金無料、報酬金は回収金額の15~25%(税別)です(訴訟に移行する場合には10万円を加算)。事案の難易によって定めます。
 →相手が無保険の場合には、着手金は交渉5~10万円、訴訟10~20万円(税抜)、報酬金は回収金額の20~30%(税別)です。

加害者の方(任意保険なし)

 → 相談料1回5,000円、着手金5~10万円、報酬金は減額分の20~30%(税別)です。